「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

誰を意識して書いた?海外にいてどうやって親孝行すればいいかわからない人
この記事の目的は?親孝行に対する筆者の考えを知っていただく
thum-parents2

このブログを始めて約1年。徐々に見てくださる人が増えてきて、最近ではいろいろな方からご感想やご意見が徐々に増えてきたように思います。


嬉しいコメントだけでなく、もちろん批判的なコメントもいただきますが、自分が一生懸命書いたものに対してリアクションがあるというのはすごくありがたいと感じます。
なぜなら「なるほどぉ〜、そういう意見もあるんですねぇ〜」というふうに考えさせられることがとても多いからです。


実はつい先日、親孝行について考えさせられるメッセージをいただきました。

のび太さん、初めまして、こんにちは。
世界で1番大切な人へ。僕が両親に絶対に感謝すべき3つの理由という記事を読んで、ものすごく感動して思わずメッセージを送ってみたくなりました。特に最後の手紙の部分では思わず涙が出そうになってしまいましたね。心温まる記事を本当にありがとうございました!

私の境遇はのび太さんと似ています。高いお金を払ってもらい私立大学に行ったのですが、大学時代は全く勉強せずにそのお金をムダにしてしまいました..そのことで今でも私は親に負い目を感じています。海外にいるという状況ものび太さんと同じです。私は今はイギリスに住んでいます。留学時代にここで知り合った彼氏と結婚して、もう10年以上も住んでますね。

最近、私は親孝行について考えることが多いです。
イギリスに留学して、親の反対を押し切ってここで結婚して、日本には1年に1回帰るだけ..電話は年に数回だけしかしていません..

そんな自分が最近とても親不孝のように感じてきたんです。というのも、私にも子供ができて「もし自分の子供が将来私と同じように海外に行って全然会えなくなったらやっぱり嫌だなぁ..」と気づいたからです。自分が親の立場になって、あのとき母が私に反対した気持ちが初めてわかった気がしました。

親孝行の1つとして、のび太さんの言う通り「親より先に死なない!」というのは確かにそうだと思います。間違いないです。でも本当にそれだけでいいのでしょうか?外国にいるから」「離れているから」というのを言い訳にして他には何もしないというのは親不孝かもしれないと感じたことはありませんか?

もしかしたらのび太さんも自分と同じように感じているかもしれないと思いました。もしよかったらその辺について、のび太さんの考えを教えてくれませんか?・・・(あとの文章は省略)
K.E

※K.Eさんからはこのブログでメッセージをご紹介することの許可を事前にいただいております。


このメッセージをいただいて、僕は「親孝行のあり方」についていろいろと考えさせられました。そしてK.Eさんの気持ちにすごく共感できました。僕自身もいま自分がとても親不孝だと感じていたからです。


僕のアニキは、家を出て以来ちゃんと毎月実家に仕送りをしている。自分の子供をたまに実家に連れて行ったりもしている。
僕の姉ちゃんは、よく実家に顔を見せに行き、電話も頻繁にしている。年に2,3回、両親を誘って温泉旅行やイチゴ狩りに行ったりもしている。


そんなアニキや姉ちゃんに比べ、今の自分はどうなのか!?

・1円も仕送りをしていない。誕生日などに特別なプレゼントも送っていない

・1年以上も会いに行っていない

・電話はたったの数回。月に1回手紙を送るだけ。


sad 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

いまの僕は、外国にいて離れているから何もできない」を言い訳にして、全く親孝行していないというのが現状です。「『親より先に死なない』というだけで本当に親孝行と言えるのでしょうか?」というK.Eさんのご意見はその通りだと思いました。
確かにそれだけでは「自分は親孝行している!」なんて胸を張って言うことなんてできませんよね..


K.Eさんのメッセージをきっかけに、今回僕は親孝行についていろいろと考えてみました。そして親孝行とはなんぞや?」について僕なりの結論をだしました。
もしよかったら、ちょっと聞いていただいてもよろしいでしょうかね?

What should you do for your parents?And what does “親孝行” actually mean??(´∵`)??

Advertising


何をすれば親孝行になるのか?

親にとってうれしいことは何か?」をいろいろと考えてみました。以下の3つが僕が個人的に思う意見です。

 

 

1. 仕送りをする

banknote 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

生まれてから大学卒業までにかかった費用はおそらく2,000万円は超えているでしょう。こ、これはかなりとんでもない金額ですよね…
全部を返すのは無理としても、せめて大学に入るためにかかった費用ぐらいは返すのが人としての常識かもしれませんね。

これから親は定年になって働くことができなくなる。少しでも収入源があれば絶対にうれしいはず。

 

最悪なことに僕はまだ1円も返していません(T_T)
自分の生活が苦しいから」というのは完全な言い訳でした。実際、バイトを増やして死ぬ気で働けば1ヶ月$2,650は稼げるはずですから。
(※ティファニーを手に入れろぉ!!人生最高額を稼いだ激闘の1ヶ月!

 

cry 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

いまは苦しいから払えない」ではダメだと気づきました。
だって、払える余裕が出てきた時には親はもういないかもしれないから。自分の親は遅かれ早かれいつかは亡くなってしまいます。悲しいけどそれが現実です。

 

今できなくていつやるの?今でしょ!
ってことで、僕は来月からは少しでも仕送りすることを決めました。

残念ながらアニキほどは払えないでしょう..計算したら月に$83ぐらいしか送れませんでした。でもどうしてもアニキには負けたくないという意地もあったので決めました!円高の時はもしかしたらアニキに勝てるかもしれないし!

 

(※海外から日本への送金:手数料を節約して便利に海外送金する方法

 

 

 

2. 一緒に暮らす

メシや洗濯などを世話してほしいという意図で一緒に暮らすのではありません。逆に自分がいろいろやってあげるために親と一緒に暮らすことは間違いなく親孝行になるんじゃないかと思いました。

 

年をとってくると以前まではできていたけど、今はできなくなったことがあるでしょう。
また、ネット接続をしてあげたりパソコンなど教えてあげたらすごくうれしいと思います。

もし万が一いきなり強盗が来たとか、急に倒れたとかなったときも安心だと思いますしね。

 

 

 

3. 結婚して子供を作る

「結婚して子供を作って幸せな家庭を築く。」これがおそらく多くの親が願っていることなのでは?と思いました。

実際ウチの両親も「早く孫の顔が見てみたいよなぁ〜」と姉ちゃんによく言っています。昔から全くモテない僕にはあきらめているみたいで、全然言ってきませんけどね…(_ _;)

 

ただ、これに関しては努力とか根性とかではどうにもならないので、簡単にできるもんじゃないと思います(´ε`;)
努力だけじゃ結婚はできないと思いません?

 

 

 

 

子供をもつ親であるオーナーに実際のところを聞いてみた

僕の家のオーナーは4人の元気でめっちゃかわいい子供をもつ実際の“親”です。今の家に引っ越してきて以来、僕はオーナーにとてもよくイジって(かわいがって)もらっています。

お前は日本人なんだから寿司が作れるはずだろ?作ってくれよ!」とよくムチャぶりしてきて困っていますが….(´ε`;)

 

ー「ツバサ、お前が考える親孝行は3つとも全部違うよ。

ー「えっ?なんでですか?うれしくないんですか?

ー「いや、うれしいよ。そりゃ子供が大人になっても一緒に住んでくれたらオレはうれしいさ。でも、それはただオレがうれしいだけだろ?子供がうれしいと思ってなきゃ意味ないよ。子供がそれで幸せかどうかが重要なんだ。

ー「なるほど〜

ー「いくら一緒に住んでくれていても、イヤイヤでしょうがなく住んでいるんだったらオレがうれしいと思うか?
結婚して子供を作るにしてもそうだ。例えばその結婚生活が最悪で全く幸せを感じていないんだったら、オレは全然うれしくないよ。逆に結婚していなくてずっと1人でも、元気で幸せに暮らしているんだったらオレはそっちのほうが断然うれしいさ。

ー「・・・・・

ー「ツバサ、オレの言いたいことがわかるだろ?
親孝行とは親のためにあれこれすることじゃないんだ。
自分が幸せになること。それが自体が親孝行なってるんだ。なぜなら親にとっては、子供の幸せは自分の幸せよりも断然うれしいと感じるからな。

 

 

もちろん世の中すべての親がオーナーとまったく同じ意見であるわけじゃないと思います。ただ、いち親としてのオーナーの意見はとても参考になると感じました。

 

Smiley love icon 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

そしてなによりも、子供の幸せが自分の幸せよりオレはずっとうれしいんだ!と自信をもって強く言い切る彼は、本当にすっごく素晴らしい親だと感心しました!彼の4人の子供はいい親をもってホントに幸せ者だよ!

 

 

 

 

親の喜びが自分の喜び

去年の12月、仕事でアメリカに行かせてもらえる機会がありましたが、行きの飛行機でたまたま隣の席になったアメリカ人のマイク君と楽しく話すことができました。

mike 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

 

彼はこれから行われるスピーチコンテストに行くところでした。そのスピーチコンテストには自分のご両親も呼んだと話していました。高校生の時から親元を離れて暮らしているので、久しぶりに会えるのがとても楽しみだと興奮していましたね。

 

彼と話していてとても印象的だったのが両親に最高の姿を見せたい!という言葉。

 

ー「この大会では絶対に優勝したいと思ってる。今まで僕はすごく一生懸命練習してきたからね。

ー「そりゃさぞ優勝したらうれしいだろねぇ〜。今まで努力してきた分ね。

ー「そうだね。それで僕は両親に自分の最高の姿を見せたいんだ。それで彼らがすっごく喜んでくれると思うと今からワクワクするよ!

 

大事にしている自分の家族の写真を僕に見せながら、お母さんやお父さん、妹さんのことを嬉しそうに紹介してくれました。そんな姿を見て僕は、彼は自分のために優勝したいというよりも、「両親を喜ばせるために優勝したいと思っている」と僕は感じました。

 

Smiley love icon 「海外にいたらどうやって親孝行すればいいんですか?」という質問。親孝行のあり方

いや〜これは素晴らしい親孝行だよなぁ〜。」と心の底から感じましたね。いい人が隣の席になってくれてすごくラッキーでした!

 

 

 

 

で、結局のところ“親孝行”ってなんなのか?

K.Eさん、

僕のブログを読んでくださって、今回ありがたいメッセージをくださってありがとうございました。K.Eさんのメッセージのおかげで親孝行とは?について今回よく考えることができました。

 

僕は親になったことがないので全くわからないのですが、4人の子供の親であるオーナーの意見から子供が幸せであることが親の幸せと強く感じました。

 

なので、
もしK.Eさんがいまイギリスで幸せいっぱいに暮らしているならば、それ自体が親孝行になっていると僕は思います。「自分は親に何もしていない…親不孝だ…」とそこまで自分を強く責める必要はないと思います。

 

でも!だからと言って、なら今の自分が幸せなら親に何もしなくていいのか?というのは絶対に違うと思います。
(もしその人がそれで満足ならばそれでいいのかもしれませんが..)

 

だって、子共としては親がうれしいと思うことをしていきたいものですよね?親が子供の幸せをうれしいと感じるのと同じで、子供も親の幸せ(喜び)をうれしいと感じる生き物だと僕は思いますから。

 

自分の親が喜んでいるを姿を想像したら、すっごくうれしくなりませんか?
僕はめっちゃうれしくなります!テンションがめっちゃ上がりますよ!マイク君と全く同じように。

 

だから僕が思うに親孝行とは、

1. 親に何かする(ex. 仕送りする、ディナーに誘う、誕生日プレゼントを送るetc)

2. それで親が喜ぶ

3. その姿を見て心から幸せを感じる

4. そしてそれで親がもっと幸せを感じる

 

両方がお互いの喜びを幸せと感じることが親孝行では重要なんじゃないかと思います。プレゼントをあげて親が喜んでいる姿を見ても、うれしいと心底感じることができなければ、親孝行する意味はないと思います。

 

K.Eさん!
お互い外国に住んでいて親と離れているけれど、いつも親を思う気持ち、感謝の気持ちを忘れずに、これから親のためにも幸せになることを目指して生きていきましょうね!
親がいなければ今の自分たちは存在しないわけですから、やっぱり世界一感謝すべき人は自分の親であるべきだと思います!

 

親孝行について考えさせられるメッセージありがとうございました〜(^^)!

 

 

 

 

 

 

Advertising

誰を意識して書いた?海外にいてどうやって親孝行すればいいかわからない人
この記事の目的は?親孝行に対する筆者の考えを知っていただく
のび太

どうも〜!「がんばれ!のび太!」を運営しております、のび太と申します!

このブログでは僕の実体験に基づく「海外就職・留学・起業・恋愛」などに関する情報提供をしています。

以前カナダで留学&現地就職していたことがありまして、そのときにWebと英語と恋愛をガッツリ学ぶことができたんですよー。

カナダから帰国したあと、調子に乗って起業しちゃいましたー!イェ〜イ! \(^o^)/

  • 海外就職しよう!カナダで現地就職した体験者が語る「海外就職したい人に知ってほしいこと」
  • カナダに留学したい人が読む本
  • 起業1年目の教科書
  • モテない男の独り言
著書について

Advertising

留学に関する最新記事

全カテゴリの最新記事

人気記事

ランダム