1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

誰を意識して書いた?シェアハウスに興味のある人
この記事の目的は?シェアハウスでうまくやっていくコツを知っていただく
thum-irritate

ルームメイトとはうまくやっていきたい!

シェアハウスに住む人なら誰もが思うことですよね?

 

僕がいまのシェアハウスに住み始めて1年以上が経ちました。

 

カナダに来て当初、3ヶ月ほどはホームステイをしてました。とても良いホストファミリーに恵まれて本当に楽しい毎日でしたよ!\(^o^)/
しかし経済的にかなり苦しくなってしまったので、残念ながら引っ越さなければならないことに…

 

いまのシェアハウスに住む前、僕はめちゃめちゃ不安でした!
だって家族以外の人と同じ屋根の下で暮らすという経験はそれまで全くなかったですし、相手は僕の全く知らない人。
それに僕は日本ではかなり対人恐怖症でした。初めての人と全くうまく話すことができませんでしたね。
うまくやっていけなかったらどうしよう…」という思いは、
とてつもなく大きかったです。

 

 

いま僕は一軒家のベースメント(地下室)に、ミゲルというカナディアンのルームメイトと一緒に住んでいます。リビング・キッチン・トイレが彼と共有です。(ミゲルはとてもシャイな奴で写真を載せることを拒否。彼の顔を紹介できないのがとても残念っす!)

 

128 25 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

僕らの性格は正反対でケンカをすることはかなり多いです。でも1年間以上、僕も彼もまだ住んでいるしお互い特別大きな不満もなさそうなので、僕らはなんとかうまくいっていると思います。

 

今回は僕が1年間シェアハウスに住んできた経験から、
ルームメイトとうまくやる3つのコツ」をお伝えしたいと思います。

 

カナダの留学生やワーホリの人で、シェアハウスに住んでいる方はとても多いです。そんな人たちが少しでも参考にしてくださったらうれしいっす(^^)!

What are the three tips to get along with roommate??(´∵`)??

Advertising


1.干渉しない

まず、ルームメイトの生活には一切干渉しないほうがいいと思います。同じ家に住むものとして、「どんな生活をしているのか」、「どんな性格なのか」などは気になるもの。それでもあれこれ余計に聞いたり、プライベートなことには干渉しない!これがまず大事です。

 

beat plaster1 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

今の家に住み始めた頃、僕はミゲルと少しでも仲良くなりたいと思い「どんな家族がいるの?」「彼女はいるの?」とか、プライベートなことをいろいろ聞いて結構ウザがられました‥

 

ルームメイトはただの同居人であって、家族でも親友でもない。だからお互いの生活に絶対に干渉しない。あまり馴れ馴れしくしない。

 

これを念頭において置くことが大事だと思います。

少なくとも、ある程度長く一緒に住んで仲良くなるまでは。

 

 

 

2.たまには話す

とは言っても、ルームメイトと全く話さないのはまずいと思います。そんな関係は気まずいですし、一緒に住んでいるものとして悲しいです!

たまには会話をして、お互いに言いたいことは言える関係になっておくことは重要だと思います。

 

プライベートな突っ込んだことを話す必要はないですが、朝の「おはよう!」とか「最近仕事どうなのよ?」みたいな軽い世間話を少ししておくだけでもいいと思います。

 

僕は土日の昼、ミゲルがリビングでランチを食べる時間に合わせて、一緒に食事をとるようにしています。そこでいろいろと世間話をして、ミゲルとは徐々に仲良くなっていけたと思います。お互いに言いたいことが言えるようになっていきました。

 

毎日頻繁に話さないけど、たまにはよく話す。
そんな関係がルームメイトとはちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

 

3.Give and Take

相手が何かしてくれたら、次は自分が何かする。

 

この考えは僕がシェアハウスに1年間住んでみて一番重要だと思ったことです。

 

例えば、
・ミゲルがトイレットペーパーを買う。 → 翌日、僕がトイレ掃除をする。
・僕がリビングの掃除をする → 翌日、ミゲルがゴミ出しをしてくれる。
・ミゲルがピザを僕にくれる → 翌日、手作りパンケーキを余分に作ってミゲルにあげる。

pan e1369014421260 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

僕がいつも作っているパンケーキ。めっちゃうまいっすよ(^^)!

 

このようなGive and Takeの意識が暗黙の了解で僕らにはあるんです。これがあるから僕らはなんだかんだでうまくいっていると思います。

 

angry 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

そうじゃないと「自分はこんなにしているのに、あいつは何もやってくれない!」という不満から関係が悪くなってしまうと僕は思いますね。

 

 

自分が何かするときは、見返りは期待しない方がいいです。

でも僕は、ミゲルが何かしてくれた時は、絶対にそのお返しに何かするようにしています。
理由は、ミゲルに借りを作ったと思われて、偉そうにされるのがすごくイヤだから!
(「あいつにエラそうにされたくない!」という意地)

 

まぁ理由はどうあれ、同じ家をシェアするものとして、
Give and Take(受けた借りは返す)の意識はとても重要だと思います。

 

 

 

シェアハウス暮らしで一番得られたこと

僕が今のシェアハウス暮らしから一番得られたは、
小さいを気にしなくなった」ということだと思います。

 

ah 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

同じ家に住んでいたら、嫌でも相手の悪いところが見えてくるし、不満なこともいっぱい出てきます。「リビングをゴミで散らかされる」「下手な歌を大声で歌われる」「夜中までパーティーをされて寝れない」などなど、一緒に住んでいてストレスを感じることはめちゃめちゃありますよ、
マジで!

 

でも、そんなことをいちいち気にしていたらやってられません。完璧な人間なんていない。完璧なルームメイトなんていない

 

僕だって自分が気づいていないだけで、ミゲルに迷惑をかけていることがたくさんあるはず。要はお互い様ってこと。

 

 

小さいことをいちいち気にすんな!人生もっと楽しもうよ!
(Don’t care about small things! Let’s enjoy your life more!)

 

128 25 1年間シェアハウスに住んで気づいた「 ルームメイトとうまくやっていく3つのコツ」

ミゲルはいつも僕にそう言ってきます。
彼は本当にEasygoingな性格です。なので僕は彼から「小さいことにいちいち神経質にならない。別にいいじゃん、細いことはさ!」ということを学んだ気がします。
心の重りがとれた感じっす!(^^)

 

 

 



 

僕は今回「カナダでカナディアンとシェアハウスに住む」という経験ができて本当に良かったと思っています。
日本では対人恐怖症で人と話すのが大の苦手。「家族以外の人と同じ家に住むなんてありえねぇー!」と思っていた僕。

 

そんな僕が「赤の他人と同じ家に1年間以上住むことができた!」というのは、結構すごい快挙だと勝手に思ってます。

 

電車英会話だけでなく、このシェアハウスでの生活も僕が人見知りを克服できたことの一因だと思います。

 

これからも僕はバンクーバーで、シェアハウスでの生活を通じて、多くのことを学んでいきたいと思いまーす(^^)!

 

 

Advertising

誰を意識して書いた?シェアハウスに興味のある人
この記事の目的は?シェアハウスでうまくやっていくコツを知っていただく
のび太

どうも〜!「がんばれ!のび太!」を運営しております、のび太と申します!

このブログでは僕の実体験に基づく「海外就職・留学・起業・恋愛」などに関する情報提供をしています。

以前カナダで留学&現地就職していたことがありまして、そのときにWebと英語と恋愛をガッツリ学ぶことができたんですよー。

カナダから帰国したあと、調子に乗って起業しちゃいましたー!イェ〜イ! \(^o^)/

  • 海外就職しよう!カナダで現地就職した体験者が語る「海外就職したい人に知ってほしいこと」
  • カナダに留学したい人が読む本
  • 起業1年目の教科書
  • モテない男の独り言
著書について

Advertising

留学に関する最新記事

全カテゴリの最新記事

人気記事

ランダム