お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

誰を意識して書いた?お金をもらって教えることに興味のある人
この記事の目的は?お金をもらって教える意味を知っていただく
thum-web-lesson

うまく教えるのって本当に難しいですね!
最近それをモロに実感しまくってます(>_<)

 

実は2ヶ月前ぐらいからWebレッスンをさせてもらうことになりました。

今は3人の方(2人:学生さん、1人:飲食店経営のオーナーの方)にお金をいただいて教えさせてもらっています。

3人とも「テンプレートではなくオリジナルのWebサイト」を作りたいということで、僕に教えてほしいと頼んでくださいました。

 

3人のうち2人の方は、僕のブログをたまたま見つけ、読んでくれたことがキッカケでした。

 

oh お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

あの〜、なんで僕に頼んでくれたんですかね?僕が教えさせてもらっても本当にいいのでしょうか?」ってめっちゃ恐縮しながら聞いたら、

 

僕ものび太さんのような自分のサイトが作ってみたいとずっと思っていました。
たまたまのび太さんのブログ読んで、のび太さんなら初心者の気持ちがわかってくれると思いました。だって、のび太さんもつい最近まで初心者だったんですよね?
あんまりすごい人に頼んじゃうと初心者の気持ちはあまりわかってくれないかと。
『なんでこれがわからないの?』とか言われるのイヤじゃないですか〜。

 

(※超アナログ人間だった僕が、Webサイトをつくれるようになるまで。意味不明の宇宙語と格闘し続けた2ヶ月間

 

なるほど〜、そういうことかぁ〜 (*´∀`*)ナルホド

理由はどうあれ僕にわざわざ頼んでくださったことは、単純にうれしかったですね(^^)

 

数ヶ月前までパソコンの電源のスイッチさえわからない初心者だった自分が教えてもいいものかと、めっちゃ悩みました。

でもこれは貴重な経験になると思ったので、ありがたくやらせていただくことにしました。

 

teaching soccer300x272 お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

教える」ということに、僕はある程度慣れたつもりでした。

1年前から子供たちにサッカーを教えていますし、ルームメイトに日本語も教えてます。
Webに関しても簡単な設定、やり方などを知り合いの方に教えるということは今まで結構ありました。
なので、「まぁ、なんとかなるでしょ。」っていう甘い気持ちでいました。

 

ところがどっこ〜い!
ボランティアでタダで教えるのと、仕事としてお金をもらって教えるのとではぜんっぜん違いました。

 

beat brick お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

はぁ!?そりゃそうだろ!当たり前のことに気づくのおせぇよ、お前!
って、昨日アニキから厳しいツッコミを入れられました(>_<)

 

ですが僕はお金をいただいて教えるという経験は全くなかったので、ボランティアでタダで教えるのとの違いが今まではよくわかっていませんでした。

 

お金をもらって仕事として教えるのと、ボランティアでタダで教える教えるのとでは、絶対的に違う!」と感じることが3つありました。
今日はそれについてお話させていただきますね。

What does Nobita feel the three differences between teaching with money and teaching for free??(´∵`)??

Advertising


1. 相手の期待値

money no shadow お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

お金を払うならそれなりのものが手に入る!」と期待するのは当然のこと。

人々がレストランや映画館に行ってお金を払うのは、それ相応の価値があると信じているからです。

 

“お金を払う”という行為によって、人の期待値は跳ね上がると思います。

 

restuant お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

もし無料でメシが食えるなら、どんなにまずくても「まぁいいや、オレお金払ってないし。」ってなります。
でもお金を払って食べてるものがまずかったら「はぁ〜、損した〜(TдT)!」ってなっちゃいますよね。

 

よって、もらう側としては「絶対にそれなりのものを提供しなきゃアカン!」っていうプレッシャーを感じます。

 

soccer お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

子供たちにサッカー教えたり、ルームメイトに日本語を教えてる時はそんなプレッシャーは全く感じません。
そりゃもちろん「ちゃんと教えなきゃ!」とは思ってますが、
お金をもらっていないので、もしちゃんと教えることができなくても大きなトラブルにはならないでしょう。

 

ところが、もしお金をもらっていて、僕の教え方が超グダグダで最悪だったら、「これは詐欺だ!」「のび太にだまされたー!」となってしまいます(TOT)
大きなトラブル、ヘタしたら犯罪行為になってしまうかもしれないです。

 

もちろん、お金の金額によって相手の期待値は変わってきますが、10円だろうと5万円だろうとお金をもらうということは、最低限その金額分だけの価値を提供しなきゃならない義務を背負うということを意味していると感じました。

 

 

 

 

2. “本当に”知ってなきゃいけない

人にお金をいただいて教えるということは、「ただ知っている」「よく知っている」レベルではダメだと実感しました。

 

本当に”知ってなきゃいけないんです。

なぜこうするのか」「なぜこうなるのか」などを理論的にわかりやす〜く、誰が聞いても納得できるように説明できるレベルまでいかなければなりません。

 

もしタダで教えてるんだったら、よく知っている程度でもOKだと思いますよ。相手の期待値は低いので、
わかりやすく教えてもらえたらラッキー(儲けモン)。別にうまく教えてもらえなくてもいいや。
って思っている人がほとんどだと思います。

 

ですがお金をもらっている時はそれじゃ絶対ダメですよね〜。

例えば、もし教えてもらう予備校の先生が、
“ただ知っているレベルの人”だったら絶対イヤですよね?

何のためにあんたに高い金払ってんだよ!
ってなっちゃいます。

 

金額によって期待するレベルは様々ですが、
教えてもらう人がその分野に精通している人でなければ、お金を払う価値があるとは誰も思えません。

 

 

 

 

3. 優先度は絶対に相手

お金をもらっているということは、優先度は絶対に払っている側にならなければいけないと思いました。

 

desk お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

例えば、
もしインターンやボランティアで働く場合、優先度は自分にあっていいと思います。
つまり頭のなかで「これをやるのは自分の経験値、スキルを上げるため」が一番最初に来てもいいということ。
第一優先は自分。会社の利益は2番目でもいいと思います。

 

ですが、お金をもらうことによって優先度が変わります
いや、変わらなければいけないのです。
インターンでは「自分のスキル、経験値を上げる」が一番最初に来ていましたが、社員になったことで、「会社の利益」も第一優先にしなければならないということです。

 

もうひとつ例を言うと、

僕が急な用事でWebを教えることができなくなった場合、
もしボランティアで教えているならば、相手もそんなに怒りはしないでしょう。
こっちはタダで教えてもらっている立場だから、まぁ仕方ないか。
というふうに、ほとんどの人はなると思います。

 

一方、お金をもらっている場合、相手は確実に怒ります。
え!?こっちはお金払ってんのに、なんであんたの都合を優先しなきゃならないの?信じらんなーい!」ってなっちゃいます(>_<)

 

このように優先度が自分から相手に変わらなければならないことも大きな違いの1つだと思いました。

 

 

 

 

「自分の力で稼いだ」と心から思えた瞬間

sad お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

初めてWebレッスンをさせてもらうことになった時、とても不安になりましたね。
お金をいただけることはありがたかったですが、「ちゃんと教えられるかなぁ〜」って思ってました。

 

でも、引き受けたからにはやるしかない!と思い、すぐにどんなふう教えるか、レッスンプランを練って、テキストを作りこんでいきました。

 

そしてレッスン初日、作ったテキストを元に教えてさせてもらいましたが、

 

ちょっとよくわからないなぁ」「もっとわかりやすく説明してくれる?」と頻繁に言われてしまいました。オレ最悪でしたわ…

 

僕はWebに関して「本当に知っているレベル」を勘違いしてました。
仕事でWeb制作をやっていて毎日勉強もしていることもあって、「教えるのは大丈夫だろう」と思っていました。
でも理論的にわかりやすく説明することが全然できていませんでしたね。

 

sad お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

あまりに申し訳なかったので、お金をもらうのをお断りするしかなかったです。
全くうまく教えられず、質問にちゃんと答えられないレッスンに対して、お金払う価値など1円もなかったですから。
ただのボランティアで教えるレベルでしたわ…

 

anger お金をもらって教えるということの意味。Webレッスンをしてきて感じた3つのこと

次はこれじゃ絶対にアカン!」ということで、
Web、Wordpressに関して基礎から徹底的に勉強し直すことにしました。
図書館で借りた教科書や、Webに関するあらゆる参考サイトなどをしっかり読み込んで理解。
今まで何気なく使っていたコードも「なんでこうなるのか?」の意味までちゃんと理解するように意識しました。

テキストも文字だけじゃなくイラストを混じえて、できるだけわかりやすく、また簡単でシンプルな文章を心がけて、一から作り直しました。

 

その甲斐あって、2回目はより自信をもって説明できるようになりましたね。
また、「のび太くん、だいぶわかりやすくなったじゃない!ありがとね。」と言ってくださって、めちゃめちゃうれしかったです!

 

そして、レッスンが終わってお金をいただいた瞬間、
なぜか感動してしまっている自分がいました。

今まで味わったことのない達成感というか、充実感みたいなものを感じたんです。

自分が努力して、自分の知識によって、自分の力で稼いだお金として初めて感じられた瞬間だったんです。

 

僕は今の会社で給料をいただいていますが、「自分の力で稼いだお金」とは思えません。
Web制作などの業務によって、ある程度の貢献はしていると思いますが、「自分の給料分の利益を直接的に生み出すだけ価値」があるとは到底思えません。

つまり感覚的には、「お金を稼いでいる」ではなく、「お金を会社からもらっている」という感じです。

 

日本で働いていた時もそれは全く同じ。
もらった給料を「自分の力で稼いだお金」とは少しも思えませんでしたね。
ただ毎日職場に行って、決められた仕事を決められた時間までやるだけ。
それなのに毎月ちゃんと給料をもらっていたので、「ラッキー♪」と思うと同時に、会社に対して罪悪感のような感情を少しだけ抱いていました。

 

ですが、Webレッスンでお金をいただいた時は、会社に頼らず「自分の力で稼いだお金」と感じられたんですよ。この感覚は生まれて初めてでした

 

 

 

 



 

教える = 自分が学び直すということ
ある方に先日言われた言葉です。

本当におっしゃる通りだと思います。

 

そしてお金をもらって教えるということによって、もっとより学び直すことができると実感しております。

 

今回Webレッスンをさせてもらうことになって、今までの“教える”とは大きく違うことが多くありました。
でもそのことに気づけて良かったと思っています。
そしてなによりも、自分自身に対して少しだけお金を生み出すだけの価値を見い出せたことが本当にうれしかったです。

 

僕の生み出す価値はまだまだ超低いレベル。
たぶんまだうまい棒レベルでしょう。

これからどれだけ自分自身の存在価値を上げれるか、すべては自分の努力次第!

 

いつか自分自身の価値をスタバのコーヒーレベルにできるように、これから一生懸命頑張っていきたいと思いまーす!!!
しゃぁーー!!!

 

 

 

Advertising

誰を意識して書いた?お金をもらって教えることに興味のある人
この記事の目的は?お金をもらって教える意味を知っていただく
のび太

どうも〜!「がんばれ!のび太!」を運営しております、のび太と申します!

このブログでは僕の実体験に基づく「海外就職・留学・起業・恋愛」などに関する情報提供をしています。

以前カナダで留学&現地就職していたことがありまして、そのときにWebと英語と恋愛をガッツリ学ぶことができたんですよー。

カナダから帰国したあと、調子に乗って起業しちゃいましたー!イェ〜イ! \(^o^)/

  • 海外就職しよう!カナダで現地就職した体験者が語る「海外就職したい人に知ってほしいこと」
  • カナダに留学したい人が読む本
  • 起業1年目の教科書
  • モテない男の独り言
著書について

Advertising

同じカテゴリの最新記事

全カテゴリの最新記事

人気記事

ランダム