カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

誰を意識して書いた?海外でバイトすることに興味のある人
この記事の目的は?海外でバイトしてみたいと思っていただく
thum-parttime

僕は約4ヶ月前からバイトを始めました。

リサイクル品を回収して整理する仕事です。

僕が住んでいる家のオーナーが運営している会社の仕事。

 

ー「僕を雇ってくれますか?

(Can you hire me?)

ー「もちろん。大歓迎だ。けど結構きつい仕事だぞ。大丈夫か?

(Why not?You’re very welcome. But,it’s quite tough job. Is it OK?)

ー「はい、大丈夫です!ありがとうございまーす!

(Yes,sir!Thank you so much!)

 

オーナーは僕の申し出を快く受け入れてくれました(^o^)ヤッター!

 

まさか本当に雇ってくれるとは思いませんでしたね。

というのもオーナーの会社では全員がフルタイム正社員。

僕は普段、バンクーバーにあるマーケティング会社で働いているので、フルタイムは無理でした。

 

ですがオーナーは特別に、週4日だけのアルバイト勤務を僕のために許可してくださったんです。

 

僕が今の家に引っ越してきてから、オーナーにはホントいろいろとお世話になっています。すごく感謝していますね!

 

◯ 感謝している主な理由:

・毎朝、必ず優しい笑顔であいさつしてくれる。朝から元気がでる。癒される。

・夕飯の残りをよく持ってきてくれる。
食べきれなかったからこれやるよ」と言って。
でも僕は知っている。オーナーは僕のためにわざと多めに作って持ってきてくれたことを。

・家でやるパーティーによく呼んでくれる。

・母が日本から来た時、キレイなベットを貸してくれた。

・日本語で話しかけてくれる、などなど

 

彼に感謝していることを上げたらキリがありません。

 

バイトを始めた理由は収入を増やしたいというだけでなくいつもお世話になっているオーナーの役に立ちたいという思いもありました。

 

そして、バイトを始めたことで得られたことは、お金だけではありませんでした。

今日は、これまでバイトをしてきて得られたこと3つをお話したいと思います。

 

この3つはお金以上に貴重なことであり、どれもすっごくありがたいことです!!

What are the three benefits Nobita got through the part time job??(´∵`)??

Advertising


1. いい運動になっている

バイトでは、重いタンスや机などを持ち運んだり、広い工場内をよく動きまわるので、すごくいい運動になります。

 

僕は普段の仕事で、大半はパソコン前で座っているだけでほとんど運動ができません(>_<)

ずっとパソコン前でカチカチやっているだけでは、やはりストレスがたまりますね…

 

走りたい! 動きたい! ガチでサッカーしたい!

という強い欲求を抑えるのにいつも苦労しています。

 

angry カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

毎日30分走っていますが、それだけじゃぜんっぜん足りないっす!大学時代、部活の練習でもっと運動量を得られていたし、日本で働いていたときは会社への行き帰り往復約8kmを走って通っていました。なんで1日たった30分走っただけの運動量では全く満足できないですよ。

 

工場でリサイクル品を整理する時は、とにかく動きまわります!走ります!普段の仕事で運動できないうっぷんを晴らすために。

 

周りの人からみたら、汗だくで走り回ってる僕はさぞかし意味不明でしょうね(_ _;)…
あいつは一体なんでいつも張り切って動きまわっているんだ?アホだろ。」って思われていることでしょう..
正直少し恥ずかしい気持ちもあります‥

 

128 18 カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

でもオーナーが僕によく言ってくれる「Amazing!Good Work! Very Good Work, Tsubasa!」がすごくうれしいんです!少しでも喜んでいただけて、お役に立てて光栄です!

 

僕にとっては、運動するということが間違いなく一番のストレス解消法です。

お金をもらいながら運動もできるということは、本当にありがたいことですね!

 

 

 

 

2. 多国籍環境

職場では中国人、インド人、フィリピン人、ブラジル人、メキシコ人の方々が働いています。まさに多国籍環境

この環境も僕にとってすごくありがたいことです。

 

普段働いているマーケティング会社では全員が日本人で、英語を使う機会もそこまで多くありません。

 

実は前々から、「せっかくカナダに来たんだから、日本人以外の人たちと多国籍な環境で働いてみたいよなぁ〜」ってずっと思ってたんですよ。

多国籍環境は僕がカナダに来てからずっと求めていたもの。

 

バイトで彼らと会話をしていて一番感じるのは、
国によって英語の種類が全然違うということです。まるで違う言語のように感じますよ!独特のなまり、アクセントなどがすごく違います。
また、同じ単語でも捉え方、意味合いが変わってきます。

 

surrender カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

ネイティブカナディアンのキレイなわかりやすい英語と違って、なまりのある英語は聞き取りがとても難しいです!何を言っているのか全く理解できないときも結構ありますね..

 

yahoo カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

だからこそ通じ合えたときはすごくうれしいです!それぞれ違う国の者同士が英語というひとつの言語で通じ合っている、つながっている。それが僕にはとてもうれしく感じるんですよ!

 

 

 

 

3. 時間を超大切にするようになった

週4でバイトを始めて以来、自由に使える時間はかなり減りました。

そのおかげで普段生活していて「この時間を絶対にムダにしないぞ!」という意識がすごく高まったように感じます。いまの僕は1分1秒でさえムダにしたくないです。

 

こういう意識が持てたことが僕はすごくありがたいです!なぜなら、ひとつひとつの作業に対してより集中力が持てるようになったと思うからです。

 

tire カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

時間に余裕がありすぎると人は怠けやすくなるもの。「まだ時間があるからゆっくりでいいや」となり、ダラダラと時間を過ごしやすくなってしまいません?時間に余裕がない状況は、ダラダラと時間を過ごしてしまうのを防ぐ効果があると思います。

 

特に土日は、バイト&やりたいこと
(韓国語&Webの勉強、サッカー、長時間ランニング、家の掃除、洗濯、買い物、親への手紙、アニキとのスカイプ、ブログ、etc)が超山ほどあるので、「時間を大切に!」という意識はかなりハンバないです。

 

anger カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

週末前は2,3日前から分刻みのスケジュールを決めて、「週末は1分だって絶対にムダにしねぇぞ!」って超気合が入ってますよ。

 

時間に余裕がなくなることによって、人は時間を大切にするようになる

 

アニキが以前そう言っていましたが、確かにそれは本当でした。1分1秒だってムダにしたくないと思うようになりますよ。

 

 

 

 

今なら笑える珍事件

バイトをしてきて一番印象に残っている出来事をお話したいと思います。

 

それは僕がまだバイトを始めたばかりの頃でした。夜12時頃そろそろ寝ようかなと思い始めていた時に、オーナーが怖い顔をして僕の部屋にやってきました。

 

オイ、ツバサ!倉庫のカギがなかったぞ!お前一体どこやったんだ!

 

oh カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

普段とても優しいオーナーが珍しく怒っていたので、かなりビビりました。

 

工場内に、契約しているお店に受け渡すリサイクル品などが保管してある倉庫があります。

夜オーナーが忘れ物を工場に取りに行った時、そのカギが管理室に置いていないことに気づきました。

 

管理室のいつも掛けてあるはずの場所にカギがない!

 

その日オーナーに頼まれて最後に倉庫のカギをしめたのは間違いなく僕。

翌日は契約先のリサイクルショップにその倉庫に入っているものを届けることになっていたので、オーナーが怒っていたのも無理はありませんでした。

 

ー「え!?でもオレちゃんと戻しましたよ!

(What!? But, I did get it back!)

ー「じゃあなんでカギがないんだ?戻したのは確かなのか?

(Then, tell me why it’s gone? Are you sure about that?)

ー「はい!確かです!

(Yes,sir!  I’m sure!)

ー「絶対に本当に確かなのか!?

(Are you absolutely really sure about that!?)

ー「・・・・ ( ̄^ ̄

 

100%絶対に確かなのか?」と言われると自信がなかったです。「もしかしてオレ戻すのを忘れたかも…」と思い始めてきました。

 

ズボンのポケットやバックの中を探しましたが、カギはなかったです。

 

急いでカギを探しにオーナーと工場に戻りました。工場内のあらゆるところを2人で探しました。でもどこにもカギはない..翌日リサイクル品を納品しなければならないので、倉庫を無理やりこじ開けることも考えましたが、とても頑丈なカギで閉められているのでそれは難しかったです。

 

 

やばい!やばい!!やばい!!!やばい!!!!

 

この時の僕は死ぬ思いでした。

せっかく雇ってもらったばかりなのに、こんな大きなミスするなんてオレマジで最悪だ!

いつも優しいオーナーをあんなに怒らせてしまった!

もうオレはあの家に住めない。きっと『出て行け!』と言われるに違いない。」という考えがストップできませんでした。

 

夜中の5時ぐらいまで2人で探しましたが、結局どこにも見つかりませんでした…

これだけ探してもないんだから、しょうがない。とりあえずもう家に戻ろう。
ってことであきらめて帰りました。

 

 

sad カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

翌朝、オーナーのところに謝りに行きました。とんでもない大きなミスをしてしまったんだから、バイトをクビ、そして家を出て行け!と言われてもしょうがないと思ってました。

 

ー「とんでもないミスをしてしまい、本当にすいませんでした!!

(I’m really really sorry for such a big mistake!! I don’t know what to say..)

ー「安心しろ、ツバサ!カギはあったぞ!オレのポケットに入ってたんだよ。Hahaha

(Don’t worry, Tsubasa! I just found the key! It was in my pocket. Hahaha!)

 

 

128 18 カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

うぁ〜よかった〜!!!

 

 

この時の僕は、オーナーへの怒りよりも、「マジでよかった〜!」という安心感の方がはるかに大きかったです。

それまで「ヤバイ!」という思いがとても大きかった分、カギが見つかったという事実は涙が出るほどうれしかったです!今まで僕が生きてきた中で最高の喜び、安心感を得られた言っても過言ではありません。

 

128 25 カナダでバイトをしてきて得られた3つのこと。今なら笑える真夜中の珍事件

あの時は本当に死ぬ思いでしたが、今では笑える出来事として僕のいい思い出です。「いや〜あの時は本当に焦ったよなぁ〜!
と、オーナーと話してて2人で笑ってます。きっとこれから先も、カナダでの笑える思い出として一生僕の記憶に残り続けるでしょう。

 

 

 



 

よくアニキから、「お前はかわいそうよだな〜普段の仕事に加えてバイトもしているなんて。さぞかしツライだろうな。」とか言われますが、
全然そんなことはないです!僕は自分が好きでやっている。決してイヤイヤでやっているんじゃないんです。

 

そりゃ正直バイトに行くのがだるい日もあります。休日をもっとゆっくり余裕をもって過ごしたいと思うこともあります。

 

ですが、バイトのおかげで僕が得られていることはとても大きいので、すごくラッキーだと思ってます!お金以外に、とてもたくさんのことが得られることができて、オーナーには本当に感謝しています

 

そんなオーナーに少しでもお役に立つために、これからはさらに120%全力でバイトを一生懸命頑張っていきたいと思いまーす!

 

 

 

Advertising

誰を意識して書いた?海外でバイトすることに興味のある人
この記事の目的は?海外でバイトしてみたいと思っていただく
のび太

どうも〜!「がんばれ!のび太!」を運営しております、のび太と申します!

このブログでは僕の実体験に基づく「海外就職・留学・起業・恋愛」などに関する情報提供をしています。

以前カナダで留学&現地就職していたことがありまして、そのときにWebと英語と恋愛をガッツリ学ぶことができたんですよー。

カナダから帰国したあと、調子に乗って起業しちゃいましたー!イェ〜イ! \(^o^)/

  • 海外就職しよう!カナダで現地就職した体験者が語る「海外就職したい人に知ってほしいこと」
  • カナダに留学したい人が読む本
  • 起業1年目の教科書
  • モテない男の独り言
著書について

Advertising

海外就職に関する最新記事

全カテゴリの最新記事

人気記事

ランダム