僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

誰を意識して書いた?人見知りな人
この記事の目的は?海外で人見知りを克服するための方法を知っていただく
thum-4

僕がカナダにきた目的は2つあります。
1つは英語力を向上させること。
もう1つは人見知りを克服することでした。

 

子供の頃から僕は引っ込み思案で恥ずかしがり。
初めての人と全く気軽に話すことができませんで
した。“どんなふうに振る舞えばいいのか”、“どんなことを話せばいいのか” が全くわからず、人の目を2秒以上しっかり見ることすらできませんでした。

 

大学時代は後輩に「一番気まずい先輩」と言われたことがあります。気まずい雰囲気を醸し出して、周囲の人たちにはずいぶんと迷惑をかけました。

 

そんな自分を変えたい!と思ったのがカナダに来た理由の1つでした。日本人がいない、知り合いが誰もいない、という環境が僕の人見知りを変えてくれるだろうと思っていました。

 

そして、カナダに来て約1年。
今は自信をもって言えます。僕は人見知りを克服できた!と。

 

僕が人見知りを克服できた一番の理由、
それが“電車英会話”です。

 

この電車英会話で得られたことは英語力以上に大きなものがありました。

What is
the “電車英会話”
and how did it change Nobita??(´∵`)??

Advertising


始めたキッカケ

bicycle icon 150x150 僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

カナダでの移動手段として、僕は自転車を使うことを日本にいた時から決めてました。
交通費節約のために。

しかし、買って3週間後に盗まれてしまいました..

 

まぁそれは付けてたロックがとても安いやつだったので、僕が悪かったと思います。

 

なので2回目はしっかりとした高いロックを2つ付けて、防犯対策は万全!

 

cry1 僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

と思ったのに、それも買って1ヶ月後に
盗まれました〜(2台で約$1,600の損失)

 

これで僕はもう自転車はあきらめました
(もう盗まれるのはイヤだー!!!)

しかたなく電車、スカイトレインを使うことに。

 

電車を使うということは、当たり前ですが、お金がかかる。
(1ヶ月$81。※2013年1月1日より値上げして現在は$91(ToT))

 

お金がかかるんだったらその代わりに何かしなきゃ!と思ったのが電車英会話を始めたキッカケでした。

当時の僕は英語力を向上させることに必死になっており、
誰かと英語で話す機会をいつも探していました。

そして電車の中にはたくさんの外国人!
「これを生かさない手はない!」と思いましたね。

 

ルール 

1日の行き帰りの電車の中で、最低3人と会話をする。

 

 

始めてみて 

気合を入れて“やってやるぜ!”と決めたものの、最初は誰に、どんなふうに話しかけていいのか全くわかりませんでした。

まさかいきなり、「英語の練習をしたいので、話し相手になってください。お願いします!」なんて言えるわけがない。

 

じゃあ、どうすればいいんだろう?と悩んでいるうちに電車はあっという間に終点にたどり着く。

 

 

なんでもいいからとにかく話しかけなきゃ!
そう思い、まずは簡単に道を尋ねることにしました。
〜に行くにはどうすればいいんですか?」みたいな。
これなら全く不自然じゃないですよね。

そこから関連した質問をしていき、自然な会話の流れを作りました。

 

 

ー「ここからUBCまでどのくらいかかりますかねぇ〜?」

How long do you think does it take to UBC?)

 

ー「う〜ん、30、40分ぐらいじゃない。」

(Well, I think it’s just 30 or 40 minutes)

 

ー「行ったことあります?」

 (Have you been there? )

 

ー「うん、何度もね。うちの息子があそこに通ってんの。」 (Yeah, many times. It is the university of my son)

 

 

という感じでどんどん質問していく。

 

すると、今度は相手から話しかけてくれました。 (^o^)

 

ー「Are you Japanese ?」

 

ー「Oh, yeah. How do you know? 」

 

ー「Your accent. It’s very Japanese.」

 

ー「Actually, I just arrived a few months ago. I’m still confused, because, you know, everything is new for me」

 

ー 「Don’t worry about it. Canada is very welcome to everyone.
You’ll get used to it soon. Just enjoy Canada」

 

ー「Where would you recommend me to go?」

……………………..

……………………..

 

 

てな感じでどんどん会話が続いていきました。

重要なのは、まず話しかけて見ることでした。
そこをクリアすれば、会話がどんどん続いていきます。

 

yahoo 僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

初めて自然な会話ができた時は、結構大きな達成感がありましたね。普通の人にとっては、大したことではないですが、日本で超人見知りだった僕にとっては、すごい快挙でしたよ!

 

 

そして現在は

電車英会話を始めて約1年。

 

IMG 0307 e1360457384430 僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

今では電車で人に話しかけることに全く
臆することがなくなり、電車に入って3分以内で誰かと会話できる自信があります

 

会話の内容も、始めは天気の話ばかりでしたが、今では家族や食べ物など相手に合わせていろいろな話題で会話をするようにしています。あらかじめ決めたことを話すのではなくて、会話の流れに合わせて。

 

 

そして今では、僕と会話してくれる常連客もできました。

毎朝同じ時間帯に乗っているアミードというイラン人のサラリーマンです。

オレは毎朝電車でツバサと話すのが楽しみの1つだ
と言ってくれています。ありがたい!

 

1日3人がノルマでしたが、それを簡単に達成できるようになってきたので、最近は、相手を笑わせる というルールを新たに課しました。ただ会話するだけじゃつまらないですから。

 

これはかなり難しいです!日本語でさえ誰も笑わせられない僕ですから。
笑いのツボもカナダ人と日本人では全然違うようです。
残念ながら、まだ誰も僕のジョークを笑ってくれません(TдT)

 

でも、僕は笑いのセンスも上げていきたい!
だからこれからもめげずに頑張っていきますよー!

 

 

 
先日のアミードとの会話

(のび太): Hi, Amieed, good morning!
(アミード): Hey, Tsubasa,morning. how’a ya doing?
(のび太): I’m pretty bad, because, yesterday, I couldn’t talk well with her…She is too beautiful! I can’t see her eyes even for a second.
(アミード): Hahaha!You’re really nuts, Tsubasa. Just talking, right? It’s not big deal. Just be natural. That’s it! 
(のび太): I know! I’m trying! But, my mouth can’t work well. My stomach starts hurting. She is too beautiful.
(アミード): Hahaha!You’re really nuts, Tsubasa. Cheer up! Tsubasa, You can do it. Have confidence.
(のび太): How can I be natural? What should I do?
(アミード): First thing first, you should put more weight. You’re too skinny as a man,you know. Actually, I can’t see you, because you’re too thin.
(のび太): Oh, then, why don’t you give me your fat? So, I can survive at least one year, you know. 
(アミード): You really nuts, Tsubasa!!

 

 

電車英会話を通してわかったこと

コミュニケーションは楽しい!

 

僕は日本では人と話すことがとても苦手でした。
自分がおかしなこと、失礼なことを言って、相手から嫌われるのが怖かったです。だから仲の良い人としか話さなかった。でも、電車英会話で僕は、“人と話すって楽しいなぁ〜!
って実感しましたね。

 

ただ道を尋ねたり、天気の話をするだけでも、
人とつながっている、交流しているというのは、心が豊かになりますね。海外にいるとただでさえ孤独感を感じやすいですが、人との会話はそれをやわらげてくれる効果があると思います。

 

よく女子はおしゃべり好きっていいますけど、その理由がわかります!ストレス解消になりますね、おしゃべりは。

 

 

うまく話せるかどうかは、まったく関係ない!

 

カナダに来て1年以上が経ちますが、僕の英語はまだまだ下手です。発音がおかしかったり、文法が間違っていたり、よく指摘されます(>_<)

でも、これまで電車で何百人という人と話してきましたが、
だれ1人そんなことを気にしませんでした

むしろ、「お前の英語おもしろいなぁー」と褒められることが多いです。

もちろん、正しい発音と文法で話すことも大事ですが、一番重要なのは、人とコミュニケーションしたいという気持ち。そのことを電車英会話で実感しましたね。

 

この前話したメキシコ人は、英語がめちゃくちゃ、なまりが強くて、何を言っているのか全く意味不明でした。
でも、不思議なことに伝わるんです、彼の言いたいことが!
そして、笑い合えました。会話を楽しめました!

 

koreda e1360460070777 僕が人見知りを克服した“電車英会話”について。気づいた3つのこと

言葉がうまくなくても、人とつながれます。大事なのは伝えたいという気持ちですね!

 

 

世の中、いろんな人がいるんだなぁ〜。

 

電車では毎日いろいろな人と話をします。

中国人、韓国人、インド人、ブラジル人、イラン人、サウジアラビア人、etc。

移民が多いカナダだけあって、いろんな国の人と話せることはすごくラッキーです。

みなさん全く違う話し方で、いろいろなことを話します。仕事のこと、自分の家族のこと、母国の文化のこと、奥さんへのグチ、週末の予定、などなど。

 

そして僕は、“いろんな人がいて、いろんな人生があって、いろんな考え方があるんだなぁ〜” ってホント思いますね。

 

テレビや本などからも学ぶことはできますが、人からしか学べないこともあると思います

 

少なくとも僕は、いろんな人と話す中で、さまざまなことを知って、学ぶことができています。(それぞれの国の文化、特徴など)

今まで日本という小さな国で、しかもほとんど人と話さずに
生きてきた僕にとって、これはとてつもなくありがたいことですね。

 

 



 

正直僕はこの電車英会話で、英語力自体はあまり伸びたと思いません。

でも、国籍、性別、外見など関係なく誰とでも臆せず、恥ずかしがらずに話すことができるようになったと思います。

これは僕にとって、英語力が伸びた以上にうれしいことです。これからもいろいろな人に話しかけて、電車英会話を楽しんでいきたいと思います。

 

チャリ盗まれてよかった〜(^^)!! 

 

 

 

Advertising

誰を意識して書いた?人見知りな人
この記事の目的は?海外で人見知りを克服するための方法を知っていただく
のび太

どうも〜!「がんばれ!のび太!」を運営しております、のび太と申します!

このブログでは僕の実体験に基づく「海外就職・留学・起業・恋愛」などに関する情報提供をしています。

以前カナダで留学&現地就職していたことがありまして、そのときにWebと英語と恋愛をガッツリ学ぶことができたんですよー。

カナダから帰国したあと、調子に乗って起業しちゃいましたー!イェ〜イ! \(^o^)/

  • 海外就職しよう!カナダで現地就職した体験者が語る「海外就職したい人に知ってほしいこと」
  • カナダに留学したい人が読む本
  • 起業1年目の教科書
  • モテない男の独り言
著書について

Advertising

留学に関する最新記事

全カテゴリの最新記事

人気記事

ランダム